各話ネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 第7話ネタバレ

チンジャオ娘・小桜クマネコ大ヒットエロ漫画

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』

第7話ネタバレを紹介していきます。

 

 

あらすじ

セックスをする時ほとんど動いていたナナが、たまには石川に動いてほしいと言って正常位ですることにした。

そして自分ももっと気持ちよくなりたいと言ったナナは、自分で自分のクリ●リスを指で刺激し始めた。

その後、石川にも指で刺激してもらって2人同時に絶頂を迎えた。

 

それからも相変わらず食欲旺盛なナナは、ガリガリの頃思いもしないほど身体が成長していた。

おっぱいはもちろんだがお腹にも肉がついてきて、騎乗位をする時にベッドも軋むようになった。

さすがにこれ以上は、、と石川は思っていた。

ガリガリ娘 第7話 「発育良好すぎ!?名ぽっちゃり娘と夜の公園でセックスダイエット」

ナナは自分が太ったことを絶対に認めない。

同じ調子で食事を続けてナナの体格はさらに豊かになっていた。

 

久しぶりにお風呂でセックスしている時、ナナは石川がいつもより息が荒いことに気づいた。

それはナナが太ってきて、重くなっていたからだった。

しかしナナはおっぱいは成長してきているが太ってはいないと、太ってきたことを断固認めなかった。

そこで石川は、最初にナナが着ていた服はSサイズだったのに今ではパツパツになってLサイズを着ていると言うと、ナナは初めてムッとした。

 

だが、ナナはなんだかんだで話を逸らして疲れたと言っている石川のチ●コを挿入しながら手で擦って中●しした。

 

中●し後ナナは、さすがにダイエットしようと言う石川の言葉をしぶしぶだがやっと了承してくれた。

 

ナナが外に出たくないと言うので、人がいない深夜に公園あたりを走り始めた。

だが、ナナは走っている最中に自分の胸が揺れることに興奮してしまい、家まで行く前にセックスしたいと言ってきた。

石川は仕方なく、深夜で人もいないが一応公園のトイレの裏まで行ってすることにした。

 

『ガリガリ娘』7話 読んでみた感想

やっぱり、太ったことを絶対に認めないナナも可愛いですね♡

でもここまでは可愛く見れましたがこれ以上太ったらやばいことになりそうだったので、ダイエットしようと言った石川はナイスでしたね!!

 

そして、走って揺れる自分のおっぱいに興奮するとか、ナナはやはり元からエッチが好きなだけだったのか・・・?かなりいい←

 

しかし深夜の公園のトイレの裏でセックス…相変わらず羨ましいシチュエーションを生み出す天才ですね、チンジャオさんは。

これが、2人同意の元だからいいのであって、レ●プとかだと急に見る気が失せるでしょうが・・・

 

エロかったのでいいと思いましたが、最後はさすがにダイエットしようと軌道修正した石川はやっぱナイスで、紳士でした♪